食育セミナーを通して思うこと

食育セミナーを通して思うこと

先日、「食育セミナー」を近鉄八尾にある cochi-cochi様で開催させていただきました。

大人9名、お子様7名にご参加いただき、
1時間 いろんな視野から「食」を考える勉強をしました。

私のセミナーにご参加いただく人は
もともと食生活に関する意識が高い方が多いのが現在の特徴なのですが、

皆さまに「わかりやすく!!とりいれやすく!!」をモットーにお話ししているので
あんまり食の知識ないな~と感じてらっしゃる方でもぜひお気軽にご参加ください。

きっと、「あの時聞いておいてよかった」となる情報をお伝えしています。

セミナー内容は複数ありますが、
今回はこんな内容でした~!

【思うこと】

日本政府と我々日本国民の「食生活安全基準に対する考え方のギャップ」。

ほとんどの人が、日本って国がしっかりしているから
国産の食事って安心安全。

しかも、食品系の大企業もこぞって、「安心安全」って言っている。

だから、日本の食事って安心~~~~。

って、大体みんな思ってます。(私もず~~~~~っとそうやって生きてきました)

「ちょっと待ったぁぁぁぁぁあああああああ!」って声を大にして言いたい。笑

調べたりするとわかることも多いですが、
国産=安全は間違っているし、
日本の政府がいい感じに対応してくれていると思うことも間違っています。

「自分の身は、家族の身は自分で守る」っていうのがきっといつの時代もそうだと思います。
特に今は、年金、医療保険、労災、傷病手当など、色んな助かる制度が日本という国にはあり
その制度に支えられている中で、日本人はいつしか国に守られていると思っている部分があるんじゃないかな。

きっと、私たち一般市民が言う「安心、安全」と
企業や国がいう「安心、安全」には大きな意識の差があると思うのです。

特に男性は、「美味しければなんでも良い!」っていう方が多い。

確かに美味しかったら幸せやけど、
「その中身がどんなもので、どんな背景で作られたもので、それを食べたら体はどうなるのか」

毎回考えるのはしんどいけど、たまに一度踏みとどまって
よく考える時間が必要やと思います。

ぶっちゃけ、私は娘に
普通のスーパーで売ってるものはほぼ食べさせません。
原材料表示やそこからひも解く背景を考えると
とてもじゃないけど、そこにお金を使いたいと思わないからです。

お金を使うときは、
高い安いももちろん判断基準として必要だけど、

私は生産者に対する「応援」だと思っているので、
生産者を知る。誠実さを知る。ということを大切にしています。

先日の食育セミナーで私が農薬に関するあるお話をしたとき、
ご参加いただいたママたちの顔が凍り付いた瞬間がありました。

世界的に見ても、質が非常に低い日本の食事。
まずは、それを知るところから。
そして、自分がどういう選択をすれば、未来を変えることが出来るのか。

そんなことを皆で考えて子どもたちにより良い未来を残せるように
そんな活動をこれからもしていきたいと思います。

シビアなことも書いたけど、
基本的に私のセミナーは、「皆でワイワイ楽しく」やりたいと思っているので
なんか堅そう~と思った方、全然堅くないでーす!
むしろやわやわで~す。笑

心のどこか1点だけ、かったい芯を持ちながら
後はやわやわで行きたいと思います。

次回のセミナー開催は10/29(金) 「東大阪 ちいさなて 」11:00~12:00 開催することがたった今決まりました~!
是非皆様お会いできること楽しみにしています♪

最新情報をチェックしよう!