焚火台作成

焚火台作成

ちまたではキャンプがブームのようですね。

キャンプといえば、やっぱりキャンプファイヤーが欠かすことのできないイベントの一つではないでしょうか。

今年も12月となり、日に日に寒くなってきましたね。

冬の時期に畝立てや畑の整備をしている日々ですが、作業中は汗だくになるほど暑いのですが、休憩中はとても冷え込んできます。

そこで、思い立ったのです!

そうだ、「焚火台」を作ろうと。

イメージは下の写真のように、火を地上から離して、焚火台の上で何か調理ができれば尚良し!

焚火台は畑に備え付けておく予定なので、コンパクトにならなくてもいいと思いホームセンターで材料を見に行きました。

ホームセンターに行くととてもワクワクするのは私だけでしょうか?

約2時間以上いろいろなコーナーをぐるぐる回りながら、以下の材料を購入してきました。

  • 450mm x 300mmの鉄板2枚
  • 300mm x 300mmの鉄板1枚
  • 鉄筋1本(300mmの長さ4本を切り出しました)

早速、300mm x 300mmの鉄板を対角線で半分に切り、等間隔で溝を掘りました。

先程切った鉄板と450mm x 300mmの鉄板とを固定し、溶接で接続していきます。

今使用している溶接機は、数年前になけなしのお小遣いで購入した格安溶接機です。

約1万円で家庭のコンセント(100v)で溶接ができる時代なんですね!

この格安の溶接機には、もちろんインバーターなどついていないので、アークが安定しない時があります。

そんな時は休み休み使うことで、騙し騙しなんとか使用しています。

できれば半自動溶接機が欲しいと思っているこの頃です。

反対側も同じく溶接をして、山方になりました。

中心にわざと隙間ができるように溶接したのは、空気の入り口の為です。

この隙間の大きさで薪の燃焼効率が変わるので、今後使用してみて改良の余地があるかもしれないです。

今回は約14.1mmの隙間が空いています。

300mmの鉄筋を足にするので、約200mm飛び出して溶接させました。

右下の落書きのように見えるのは、娘のサインです。

お絵描きが大好きで、今の我が家はホワイトボードや床がいろんな色でデコレーションされています。

その勢いで、ちょっと目を離している間に鉄板にもお絵描きいただきました。

バイクのマフラー塗装に使用した耐熱塗料が余っているので、塗ることにしましたが……。

塗料を塗りすぎて液ダレしているのは気にしないこととしました!

耐熱塗料を塗って、下から焚き火で熱しました。

ちなみに銀色の円柱のようなものはタンドリーオーブンで、

畑に不法投棄されていた洗濯機を再利用してみました。

これでようやく完成しました!

畑に遊びにきた際には、是非この焚火台で温まってくださいね。

これでバーベキューやスモアーズをやってもいいですね。

以上、焚火台の作成でした。

最新情報をチェックしよう!

パパラボの最新記事8件