高校進学で普通科を選ばなかったワケ。そして失敗。笑

高校進学の時、普通科を選ばなかったワケ。そして失敗。笑

皆さん、おはようございます♪

私の出身校は、扇町総合高校。
普通科じゃなくて、総合学科の高校でした。

八尾に住んでいた私が、大阪北区にある少し遠いこの学校に行こうと思ったのは、
「普通科の高校に行くことが嫌」だったからです。

小さいころから、とにかく「自由に生きたかった」私は、
高校進学の時に、普通科は授業が全部決まっているということを中学校の先生から教えてもらい、
「せっかく高校行くのに、全部授業決まってるって中学校の延長やん。」って思ったんです。

そして、中学校の時すでに海外に興味があった私は
優先的に英語の勉強したいと思っていて、「英語科」がある高校も検討したけど、
根本が「自由に生きたい」私は、

「英語」に特化した学校よりも、
「自由にカリキュラムを選択出来る総合学科」を最終的に選択しました。

扇町総合高校の総合学科は、6つの系列を自分で選択して
大学のように自分でカリキュラムを決めることが出来るんですが、
私が選んだのは、「大阪文化コース」でした。

いや~。結論から言うと、大失敗!笑

高校1年生の時に、系列を決定して
2年生から、その系列で選べる授業を自分で選ぶんですが、
1年生の時に、「将来海外に行きたいから英語とか欧米文化を学びたい」と担任の先生と話し、

「普通科に近い大阪文化コースで、英語授業出来るだけ多くとればいい。」と
アドバイス貰って、これに決めました。

だけど、実は全然しっくりきてなかった。

私は、本当は「国際観光コース」を選択したかった。

国際観光コースは、
高校生の時点で、旅行業務取扱管理者資格(海外、国内両方)を取ることが出来るコースで
しかも英語の授業も多く選択できる魅力的なコースやったんです!

私の将来の夢(国際協力)に、観光・旅行関連は関係がないということで、
先生には、「観光に興味がないのなら、大阪文化で普通科に近いことを勉強した方がいい。」と言われた。

確かに先生のおっしゃることもその通りで、
その時はそれに説得されて、大阪文化コースを選択したけれども
100%満足の選択ではなく。。。
やっぱり心の中で思っていたのは、「国際観光コースいいな~」ってずっと思ってた。

するとやっぱり高校2,3年が全然楽しくなかった。

これは、今思うと「妥協による失敗」。

どんだけ反対されても、自分がワクワクする方を選べばよかった。

選んだとして、どんな結果になっていたかはわからないけど、
少なくとも、

”「あの時、こっちを選んでおけばよかった」という自分が屈したことによる後悔”
はなかったと思う。

日本は、同調圧力が強い国。
でも、徐々に自由さも大きくなってきている気がする。
というかうちらの年代でそうしていきたい。

ダイバーシティみんな違ってみんないい。精神が浸透した世の中になってほしいし
それを創っていきたい。

なんか、毎日ブログ書いているけど
最終のまとめが、全体的に「自由な生き方、自由な社会にしたい」風になっている気がする。笑

今日は、16歳の私の失敗談ストーリーでした。笑

とにかく、これからもずーっと、みーんなで楽しいことがしたい。

今日も、皆様のご家族が健康でありますように♪

最新情報をチェックしよう!